白髪を抜くとNGと言われる理由について

初めて白髪を見つけた時、自分ももう白髪になる年になったんだとショックを受けますよね。
そしてなかった事にしたいという気持ちもあり、白髪を抜いてしまう人もいるでしょう。しかし白髪を抜くのはNGだって知っていますか?

■白髪の後に生えてくる髪は白髪

白髪を抜いた後にその毛根から次に生えてくる髪は何色だったか?なんて確かめようがありませんから知らない人も多いかもしれません。
しかし一度白髪が生えた毛根はメラニン色素を作る事が出来ない毛根になってしまっているので次に生えてくる髪の毛もやはり白髪です。
つまり何度抜いても白髪は減らないどころか抜くと毛根にダメージが加わり、その周囲の毛根まで白髪になる可能性もあります。
なので白髪を見つけてもそのままにするか、気になるなら染めるようにしましょう。

■白髪を抜くと薄毛の原因になる

また白髪を抜くと再度白髪が生える、もしくはその周囲の髪も白髪になるから白髪が増えるというだけではありません。
抜くときに毛根にダメージが加わり、次からは髪の毛が生えなくなってしまう可能性もあります。
ただでさえ、黒髪よりも白髪の方がボリュームが少なく見えるわけですから、生えてこないと薄毛が目立つようになってしまいます。
白髪だけなら白髪染めで黒色に染める事が出来ても、薄毛まではカバー出来ませんから白髪でもそのまま抜かずに大事にしましょう。

■白髪予防に

すでに白髪になってしまった髪の毛を黒く戻す事は出来ませんが、まだ黒い髪の毛を白髪から予防する事は可能です。
白髪予防として効果があると言われているのは「ビオチン」という成分です。ビタミンHの中に含まれます。
このビオチンが血流の流れをよくする作用があり、毛細管が太くなるため白髪になりにくい髪質になるのです。

ただあまり白髪について悩んでしまうと、それがストレスになりストレスで白髪が増えるという悪循環になりますから気にしない事が一番です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP